コラム・調査レポート

2020.10.21

食品

「乾燥小豆」市場、昨年の3倍超に急拡大

 小豆の売り上げが急伸していることをご存じだろうか。9月の「乾燥小豆」カテゴリーの売り上げは前年同月比118.3%、千人当たり金額453.8円と急拡大している。きっかけとなったのは9月2日放送のNHK「ガッテン!」だ。小豆が便秘改善や筋肉量アップにつながるとして、手作りのあんこや煮汁をつかったデザートの作り方が紹介された。
 日経POSで日次データを見ると視聴者が小豆に飛びついたようすがうかがえる。放送時刻が9月2日19時半からと夜の時間帯だったが当日のうちから売り上げは伸び始め、3日にはピークに達し、再放送のあった9日を機に再び伸びた。9月の4連休に挑戦した人も多かったのか連休に再度の盛り上がりを見せている。
「乾燥小豆」市場、昨年の3倍超に急拡大
 もちろん乾燥豆の調理には手間がかかる。番組で紹介した作り方でもまず水に16時間浸すところから始まる。しかし今年は新型コロナの影響でステイホームがうたわれた4、5月、手作り需要の拡大とともに「乾燥小豆」は前年同月比30%超の伸びを見せていた。手慣れた頃のタイミングでの放送も人気に寄与したかもしれない。
 関連する「常温あんこ」「ゆで小豆・練りあん缶詰」カテゴリーもそれぞれ同41.4%、34.4%と伸びており、手作り派以外も影響を受けたことがわかる。
 直近10月12日週も「乾燥小豆」の売り上げは前年同週比118.2%と衰えない。放送から1カ月がたつが、しばらくこの勢いは続きそうだ。

サービスに関するお問い合わせ、
御見積りやデモ、
資料請求ご希望の方はこちら

Page Top