コラム

2018.09.3

食品

熱中症対策に健康ミネラルむぎ茶

 猛暑で売り上げ好調な飲料の中でも特に麦茶飲料は売り上げの伸びが大きい。暑くなると売り上げが伸びる麦茶飲料で首位の伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」は、暑さ対策に効果的とした訴求が消費者に浸透して新たな購買層を獲得、さらに売り上げを伸ばしている。
 日経POSのコンビニエンスストアのデータで麦茶飲料の6~7月の来店客千人当たり販売金額は2456円と前年同期を23.6%上回った。スポーツ飲料の前年同期比16.4%増、水の14.9%増と比べても伸び率が高い。麦茶飲料市場でトップをひた走るのは伊藤園の健康ミネラルむぎ茶。伊藤園は「プロモーションの効果で売り上げが伸びている」というが、同商品の購入傾向は、その他の麦茶飲料と違いがあるのか日経CVSレシートデータで比較した。
 性別では、女性比率が32.7%とその他の麦茶飲料(同30.2%)より2.5ポイント高い。「安心して飲めるので、母親が子供と一緒に飲むケースも多い」(伊藤園)。時間帯別では朝から昼が75.5%とその他の麦茶飲料(同72.5%)より3ポイント高い。立地別では、ロードサイドが41.3%とその他の麦茶飲料(同36.1%)より5.2ポイント高い。「汗で失われたミネラルの補給に効果的という認識が定着して、日中や移動中のシチュエーションに飲む人が増えた」(同社)。伊藤園は、健康ミネラル麦茶について「汗で失われたミネラル補給に効果的とした訴求が消費者にかなり浸透してきた」と分析する。
 水分補給の際に、糖分を含むスポーツ飲料に抵抗を感じる人も、健康ミネラル麦茶は無糖なので抵抗が少ないだろう。たくさん飲みたい時でも、水は味気ないが、同商品は味も香りもあり飽きにくい。また、カフェインゼロなので安心して飲める。ミネラル補給に効果的とした伊藤園のプロモーションが浸透してきた健康ミネラル麦茶は、たくさん汗をかく暑い季節において、今後も強さを発揮しそうだ。

サービスに関するお問い合わせ、
御見積りやデモ、
資料請求ご希望の方はこちら

Page Top