コラム

2017.01.13

食品

「濃いめのカルピス」若い男性に人気

 アサヒ飲料が昨年12月6日にリニューアル発売した「濃いめのカルピス PET 500ML」の売れ行きが好調だ。濃いカルピスに「はちみつ」が合わさった味が若い男性を中心に好評だ。
 日経POSデータを見ると、ペットボトル入り無果汁清涼飲料(分類番号 079004)では、登場した12月5日の週に、来店客千人当たり販売金額は267.7円。シェア14.7%を占め、コカ・コーラ「い・ろ・は・す なし」に次ぐ第2位に躍り出た。最新週(1月2日週)では、「カルピスウォーター PET 1.5L」がトップ。「濃いめのカルピス」は販売金額102.5円で第6位と好調な売れ行きを維持している。
 「濃いめのカルピス」は、「カルピスウォーター」の約2倍となる乳成分量を配合させて昨年6月に発売された。「カルピス」の甘く濃い味わいが夏場の疲れを癒してくれると、20代~40代の男性を中心に人気を集めた乳性飲料だ。今回のリニューアルでは、さらにコクのある「はちみつ」を加え、すっきりした後味に仕上げた。
 POSEYESの「レシート診断」で500MLペットボトルの「濃いめのカルピス」と「カルピスウォーター」を比較分析すると、発売日以降(16/12/6~17/1/9)の販売金額に占める男性ヤング(15歳~30歳未満)の比率は「濃いめ」が12.12%で、「カルピスウォーター」の同比率(10.88%)より1.24%高い。逆に、女性ヤングの比率は、「濃いめ」(8.04%)が「ウォーター」(10.24%)より2.2%低い。購入者の若い層を見ると、男性は「濃いめのカルピス」、女性には「カルピスウォーター」が支持されているようだ。

サービスに関するお問い合わせ、
御見積りやデモ、
資料請求ご希望の方はこちら

Page Top